今更聞けないパソコン購入のポイント解説!PCをはじめて買う人へ

パソコンの購入決定について

 

 

パソコンを購入するときにどれを買っていいのかわからないということをよく相談されます。

 

今まで使っていたパソコンが古くなったり、OSが使えなくなったりといった理由で新しいPCを必要としているのですが、

 

「どこでどのようなパソコンがいいか?」

 

という質問のされ方をすることが多く、「買った後にこんなはずではなかった」と後悔することもありますので、購入する時の目安になればいいなと思います。

 

パソコンを使用する目的は?

 

まずPCがほしいという人に質問することは、パソコンを買って何をしたいのかを確認します。

 

大体の人は以下の理由が当てはまります。

 

  • ・インターネットを見たい
  • ・メールのやり取りをしたい
  • ・年賀状を作りたい
  • ・音楽を楽しみたい
  • ・動画を見たい

 

このような目的でことが収まる人は、たいていの売っているPCでことがすんでしまいます。

 

  • ・仕事をするためにエクセルやワードを使用したい
  • ・将来とったビデオの動画編集をしたい
  • ・将来とった写真や書いた絵の画像処理をしたい
  • ・プログラミングを挑戦してみたい

 

このような少し専門的な仕事を望むならば、少しスペックが高いPCを購入することになります。

 

それ以外にもPCの使用の目的は多々ありますが、これ以上になると初心者の域を超えるのであとは自分で調べるとよいでしょう。

 

パソコンの形について

 

パソコンの形は大まかに分けて、デスクトップ・ノート・タブレットの形に分けられます。

 

これについてもパソコンの使用目的が決まっていればおのずと形が決まってくると思いますが、利用環境とご自分のスペックで形を決定できればいいでしょう。

 

インターネットを見たいというような、作業を必要としない使い方であればタブレットがいいと考えます。

 

家で作業を行うのであれば、大型のディスプレイが使用できるデスクトップをお勧めしますし、家が狭い、あるい外で使いたいというような希望を持っている人であればノートPCをお勧めします。

 

この時確認をしたいのは、自分が使う上でディスプレイの大きさが妥当かどうかということは確認していく必要があります。

 

お寄りの方であればディスプレイは大きい越したことはないですね。

 

パソコンのサポート環境について

 

使用される方のパソコン処理能力によってサポート環境が整っているかどうかをチェックする必要があると考えています。

 

例えば、まったくパソコンを触ったことがない人であれば、どこをどうするのかというサポート受ける環境と作るために、家電量販店で購入するのもいいかもしれません。

 

まわりに詳しい人がいる。あるいは仕事で使っているという人はソフト的なサポートは必要ないので、ハードのサポート面で納得できるかを考えて選択するのがよいでしょう。

 

パソコンの購入について

 

上記のことを踏まえたうえで、自分が使用するスペックに対して予算と照らし合わせて購入することが望ましいと思います。

 

パソコンのチラシなどにはスペック等が記載してありますが、実はパソコンをどのように使うかというのが購入する上で一番肝心になってくると思いますので、購入する時は一度整理してもらえばいいと思います。

 

もしかしたら実は、パソコンはいらなかったというような結論になってしまうこともあるかもしれませんが。

 

パソコンの初心者の方がパソコンを購入するのは、実はハードルが高いことだと思っています。

 

わからずに購入すると、必要以上のPCを高値で購入してしまう結果になってしまいますし、サポートも本当に必要なものかどうかもわからないまま加入してしまうこともあると思います。

 

満足のいくパソコンが所有できるように、よく考えて購入してもらえればいいと思います。